FC2ブログ
昨日にお疲れ様。 今日はきっと頑張れる! 明日はもっと頑張ろう☆ このブログは、知識見聞を広めたり、文化物によって癒しを得ようとするもの・・・だと思います(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昼過ぎに更新するって言ったやつは誰だ!!

アルです(汗) こんにちは。

そして、昼に更新するって言ってたから・・・ってお昼くらいに来てくださった方々申し訳ございませんでした(涙)

どうしても、授業が難しくて(汗) ブログなんて書いていたら、天文単位で置いていかれそうだったので(涙)

今後、宣言したら必ず実行しますので・・・今回はなんとか・・・許してね♪   ・・・(汗)

では、今日の話題に入る前に・・・ 実は今日・・・

初献血してきました☆

やっぱ、人の役に立つって事は気持ちいいね?

うん、Mじゃないよ(笑)

右手で血を採ったんだけど、心なしか指の動きがぎこちないような・・・

まぁ、気のせいと信じて(汗)  

今日の話題は

援助交際


フェイントもなしにディープな話題ですね。

なぜいきなりこんな話題を・・・ と思った方。

もう一度、テレビ欄を見直してみてね。 
テレビ欄みた? ちなみに、アルの家は北海道新聞を購読しているのですが、ここからは引用です。

アンテナ22
『援助少女の闇と孤独、誰か私を助けに来て』
『擬似恋愛で月収100万』
『死にたい・・・』


ちなみに、句読点はアルが勝手に入れました。カッコも。

で、アルは悩むわけです。 見るべきか見ないべきか・・・

実際、そんなことどうでもいいと思ってるでしょ?

でも、アルは自称ピュアなので、こういうのを見ると心に結構深めな傷を負うわけですよ。

ここのところ、続報が耐えない『大学生集団リンチ生き埋め事件』

生き埋めだよ? 息絶えるまでにどれだけ時間がかかるんだろう?

かなり苦しいよね・・・

たった一人の女のために殺し殺され・・・

その対象となった女性は今、どんな気持ちなんだろう?

自分を責めているのではないだろうか? 自分を取り合いなって最終的には殺し合い・・・

加害者はなんて身勝手なんだろう?

報道によると、今回の被害者は加害者へ事件前に暴行を加えていたらしいが、なぜそこで終わらせることができなかったのか?

両者ともそうだが、自分の愛した女性のことを考えることはできなかったのだろうか?

でも、今日の話題は援助交際だよ?  明らかにそれてるね。

何が言いたいのかというと、アルはそういう痛ましい事件で心をかなり痛めるということ。

で、今日のアンテナ22は結構ディープな内容のようです。

とりあえず、アンテナ22へのリンク張っておきます。

日本テレビ アンテナ22


舞台は東京都池袋。

『ブクロ サイコー!!』なんてドラマもあった街だ。

24時間若者が溢れ返っている。(実際、言った事は無いが(汗))

そして、今は若さがブランドになる時代。

そう、援助交際・デート倶楽部・今では電脳恋愛なんて言葉が出るくらいだ。

需要があれば、供給がある。それが社会の仕組みらしい。

ネットをやっている方なら、そういう広告や掲示板などを1度は見たことがあると思います。

それほど、需要側としては若さが買いとなっている。

酷いところでは、中学生専門の売春斡旋所や小学生を扱っているところもあるという。

そして、その一部の少女達はどんな事情があるにせよ、『自らの性を売り物にして、収入を得る。』と言う行為をビジネスとしているのだ。

相場は一般的にいって『3万?5万円』くらいらしい。

自分の体を自分の心とプライドと一緒にレンタルして『3万?5万円』だ

少女は本当にお金だけを求めているのだろうか?

アルは基本的に心理学をあまり信じていない。

心理学が本当・・・ 完璧に正しいのなら犯罪も、もちろん援助交際も起こらないはずだから。

いや、べつに100%信じてないというわけではないよ?

ただ、まだ100%じゃないだろ? ってだけ。 それに、多分心理学を紐解くには統計学とかも必要だと思うわけですが、いくら統計を取ったとしても、少数派は居るわけで、最終的には人それぞれだって事を言われたりする。

それはそうでしょ? 人間生まれた環境も違えば、考え方も違う。

同じ国に生まれ方らといって文化が同じわけでもない。

つまりそういうこと。

で、援助交際とか夜の街とかの話をすると忘れられない人物がいる。

『水谷 修 先生』だ。

誰って?  『夜回り先生』と言えば分かるんじゃないかな?

毎日、夜の街を歩き続け少年少女たちを悪い大人から守っている。そして、自宅でも相談ようの電話を毎日受け付け、メールでの対応もしている。

アルが尊敬する数少ない人物の1人だ。

アルは高校のとき、図書館で水谷先生の著作を読んだ。

薬物中毒の少年や、暴力団に入った少年。暴走族の集会を見物に行って集団強姦された少女

もう、涙が止まらなくなる。

けど、おそらく事実なんだろう。

自分達が今平和に暮らしていても、日本のどこかで・・・ 世界のどこかでそういう被害にあっている人が居るということを突きつけられたようで酷く傷ついたことを覚えている。

そして、アルは女性に性的暴力を振る奴を絶対に許せない。

かわいそうなのは大前提だ。 でも、そういうことをする奴らは結局自分のことしか見えてないわけだ。

暴力を受けた女性にも家族は居るし、交際している人も居るかもしれない。

将来は新しい家族も出来るだろう。

もちろんそれだけではない。 自分の家族もどんな思いをするだろうか?

自分のする行為によってどれだけの人が悲しみ・怒りを覚えるのか分かってないのだろうか?

アルはそういうことを考えて1つの光を見つけたんだ!

人間って言うのは、結局1人じゃないんだよ?

必ずどこかで連結している。

いま、目の前にその連結部分が見えなくても、必ずどこかでつながってる。

絶対に1人じゃない。

『人間はみんな兄弟』ってのは言いすぎだとは思うけど、『友達』なら正しいと思う。

だって、あなたが引越しをしたとする。すると、ほとんど面識のない隣人でもきっと何かあればあなたを心配してくれる思うよ。

だから、絶対人間はみんな1人ではないんだ。

だから、責任を持って生きていかなくてはならない。

今、自分は1人だって思っている人!

目をつぶってごらん? 

あなたの頭に浮かんできた人と必ずあなたはつながっているから。

だから、あなたは1人じゃない。

で、みんな覚えていますか? 今日の話題が援助交際だということを。

うん、いきなりだけど、話題を戻そう。

相場が『3万?5万』 人が十数年生きてきて。一緒に成長してきた体と心とプライドを『3万?5万』で売るのですよ?

じゃあ、援助交際で得た収入は何に使うの?

プラダやヴィトンのバッグでも買う?

でも、そのカバンを買ったとき本当に嬉しかった?

ただ食費にする?

そのごはんは本当においしかった?

彼氏への貢物? つながりを切りたくないから?

でも、そのつながりは勘違いだよ?

お金なんて形で見えるつながりなんて間違いだよ!!

ちなみに、ものすごい長さになっているけど、まだ読んでくれてる人いる? そろそろ終わるからもう少し頑張って!

若いうちは、バイトしても収入は限られているし、親はあまりお小遣いをくれない。どうしてもお金が欲しいのは凄くわかる。

でもね、さっき援助交際は体と心とプライドのレンタルと話したけど、

『心とプライドは絶対に買い戻せない!!

結局、アルには”まだ”文才がないから、こんなに長文になって、その上素直に何が書いてあるか飲み込めないと思います。

でも、この記事を読んで、少しでも何かを感じてくれる人はいるんじゃないかな?と信じています。

この記事を読んで何かを感じ取ってくれた人。

自分の周りに今日書いたような行為(←何かとは言わないけど)をしてる&しようとしてる人が周りに居る人。

あやまちと分かっていてそういう経験をしてしまった人。

周りに目を向けて。 勇気をもって止めてあげてください。

そういう被害に合いそうになっているところを目撃した人。迷わず警察に電話してください。

少年少女は『大人たち私達をこんな風にした』と言うかもしれません。

だけどね、彼(女)達を助けられるのも大人なんだよ!!

守ってあげられるもの大人なんだよ!!

かなり長い文章を最後まで読んでくださった方ありがとうございました。

最後のほうは結構ペースを上げて書いてしまいました。

理由はもちろん・・・

アンテナ22が始まってしまうから(汗)

アルは、頭も特別良くないし、文才も無いので文章が明らかにおかしい部分があると思います。

けど、魂で書いた!! と思って許してやってください(汗)

で、結局どうするのか?

ビデオ録画して、心の準備できたころに見ることにします(涙)

ではでは、また会う日まで・・・

多分、明日(笑)

夜回り先生 水谷 修 先生


エンタメ@BlogRanking
コメント
この記事へのコメント
心に響いたよ…

ありがとう
2006/06/27(火) 02:00 | URL | syo #-[ 編集]
君のまじめなコメントに感動しました・・・

ありがとう・・・
2006/06/27(火) 02:45 | URL | アルセーヌ #ad00WuDk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。